デリケートゾーンの黒ずみへのハイドロキノンの効果や口コミは?【副作用と正しい使い方は?】

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノン

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果や口コミをインターネットで見かけることがあります。短期間で効果が表れるハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」ともいわれています。

最近ではインターネットで化粧品原料を簡単に購入できます。また、海外から個人輸入ができて安く買える成分でもあるため、ハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使う人も増えてきています。

しかし、ハイドロキノンの副作用を知っておかないと、赤みやかゆみなどの副作用に悩まされるばかりか、肌が白く変色して取返しのつかないこともあります。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使う時、どういったことに注意すべきなのでしょうか。また、効果を感じるために正しい使い方も覚えておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみへハイドロキノンは効果あり?

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは効果ありなのでしょうか。結論から言うと、使い方に気をつければ「効果あり」です。

ハイドロキノンはアメリカ、ヨーロッパなど海外で美白剤として使われてきた成分で、2001年から日本でも化粧品の成分として配合されるようになってきました。今では医師の処方でもらえるほか、インターネットで購入もできます。

ハイドロキノンは、いちご、コーヒーのように天然に存在する成分で、写真の現像に使われています。肌を白くする還元作用が注目されていて、美白効果は他のコウジ酸やアルブチンと比較して10倍から100倍あります。

ただし、ハイドロキノンには副作用もあります。使い方に注意しないといけません。副作用もあるため、医師と一緒に治療がおすすめです。

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみ改善効果を感じたいなら医師から処方を

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果を感じたいのなら、医師から処方されたハイドロキノンを使うようにしましょう。理由もいくつかあります。

  • 医師から処方されるハイドロキノンは4%から5%と高濃度
  • 化粧品のハイドロキノンは1%から2%の濃度
  • 副作用があった時に医師に相談しやすいと環境があると便利

医師から処方されるハイドロキノンは高濃度の4%から5%です。ハイドロキノンは高濃度であればあるほど効果を感じやすいです。

しかし、ハイドロキノンの特性には副作用もあります。高濃度のハイドロキノンを使用していき、肌に異変を感じたらすぐに医師に相談できる環境を作っておくことが大切です。

そのため、医師に診断してもらい、二人三脚でデリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使っていくことがおすすめです。

ハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使った人の口コミ|副作用があることも

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使った口コミを読んでみると、ハイドロキノンの副作用を感じていたケースもあることがわかりました。

  • 赤み
  • ピリピリとした刺激
  • はれ
  • かゆみ
  • アレルギー症状
  • 色抜け
  • 乾燥

軽症の人は乾燥やかゆみを感じていましたが、色抜けやピリピリした刺激を感じる人もいます。乾燥肌や敏感肌の人がより副作用を感じやすい傾向があります。

ハイドロキノンの副作用を感じたら、まずは使用を中止した方がいいでしょう。あまりひどいようならすぐに医師の診断を受けるようにします。

ハイドロキノンの口コミから判明|酸化に注意しないと黒ずみが悪化する?

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果を感じたいのなら、商品の酸化に注意が必要です。

ハイドロキノンは白い色の塗り薬なのですが、冷蔵庫保管が必須です。冷暗所で保管しておかないと酸化がすすみ、変色して茶色になります。茶色になってしまったハイドロキノンは捨ててください。

酸化したハイドロキノンは刺激物質のベンゾキノンの性質を持ち、従来よりもピリピリとした痛みを感じます。黒ずみも悪化してしまうため、成分が変化してしまったハイドロキノンは使用してはいけません。

ハイドロキノンのデリケートゾーンの黒ずみへの正しい使い方

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果をより感じる使い方を伝授します。

ハイドロキノンを使う時、漂白期、治癒期の2つに分かれます。漂白期での流れを紹介します。

  1. デリケートゾーンを優しく洗う
  2. ビタミンCを塗る
  3. ハイドロキノンを塗る
  4. 保湿剤、日焼け止めを塗る

治癒期にはビタミンCを塗った後、トレチノインを重ねて塗ることもあります。ビタミンC、トレチノイン、ハイドロキノンは人によって刺激を感じることもあるため、肌に合わないようなら医師に相談しましょう。

ハイドロキノンも広範囲に塗るのではなく、必要な部分だけに綿棒でつけるのが鉄則です。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使ったら「日焼け厳禁」

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果を感じたいなら、日焼けはしないようにしましょう。ハイドロキノンは紫外線に当たることで黒ずみが濃くなるためです。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果を感じたいのに、塗った部分は白くなっても、塗らない部分が黒くなった口コミもあります。

水着になる時には使用を中止するほか、ハイドロキノンを使っている間は飲む日焼け止めのサプリメントを飲むようにするとより効果を感じられます。

夏であれば日焼け止めをつける、目からも紫外線のメラニンは入るのでサングラスをかける、仕事が外の人はハイドロキノンを夜だけのケアにしている人もいます。

ハイドロキノンを顔に塗った後はできるだけ日焼けをしないようにすることで、黒ずみが悪化しません。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使う場合は、医師に相談が鉄則

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの効果を感じたいのなら、基本は医師の処方で行うのが鉄則です。

医師の処方をおすすめするのは、濃度が高いハイドロキノンを使うことができることが一点目で、副作用が多く、乾燥肌や敏感肌の人は赤みが出たりかゆくなってしまったりするため、すぐに医師に相談できる体制を作っておけるのが二点目です。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使う場合は、副作用に気をつけながら医師と一緒に使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です