デリケートゾーンの黒ずみへのヒルドイドの効果や口コミは?【効果なしと断言】

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイド

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドが効果ありという口コミも見かけますが、本当でしょうか。

ヒルドイドは、アトピーの人を中心に、赤ちゃんの湿疹にもつかわれる保湿剤です。低刺激で赤ちゃんにも使える、シミが消えた口コミから美容目的で使う子育てママが増え、Instagram(インスタグラム)やTwitterで万能の保湿剤として注目を浴びた過去があります。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドが効果ある口コミもありますが、「効果なし」の驚愕の事実が発覚しました。はたしてヒルドイドは本当に万能なのか、デリケートゾーンの黒ずみにも効果ありかどうか検証してみました。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドは効果ある?

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドは効果あるかどうかの問いには、「効果なし」と断言します。

ヒルドイドは、高い保湿力をほこり、赤ちゃんやアトピー肌、ニキビ肌にも使えることから注目を浴びています。製品も軟膏、ローション、ムース状フォーム、スプレーがあります。

しかし、デリケートゾーンの黒ずみができる理由は、乾燥やストレス、食生活の乱れなどたくさんの理由があります。

デリケートゾーン黒ずみを治療する時、「乾燥対策」と「美白効果」の2つが必要なのですが、ヒルドイドでは「乾燥対策」はできますが、美白効果は得られません。

デリケートゾーンの黒ずみに効果があると言われるヒルドイドの特徴

デリケートゾーンの黒ずみに効果があると口コミでも評判のヒルドイドには、4つの特徴があります。

  • 保湿効果が高い
  • 血行促進の効果がある
  • 赤ちゃんも使える低刺激
  • アトピー肌の人やニキビ肌の人も使える

このうち、血行促進の効果があることで美白効果があると勘違いされ、インスタグラムやツイッターで「シミやそばかすが消えた」と人気になりました。

しかし、実際のところシミが消える美白有効成分は配合されていません。使った人の個人的な口コミだけが拡散され、赤ちゃんや子供に処方されたヒルドイドをママが使うケースも増えて問題になりました。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドが人気!ドラッグストアでも販売するように

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドを使う口コミもちらほら見られるようになり、シミやそばかすにも効果的な口コミで世間的に認知度が高くなってきたヒルドイド。

ドラッグストアにも、ヒルドイド類似物質の「ヘパリン類似物質含有医療用医薬品」を含む製品が増えてきました。

全国に店舗を展開するマツモトキヨシのプライベートブランドからは第2類医薬品の「ヒルメナイドローション」(第2類医薬品)も販売され、小林製薬の「アットノン」もヘパリン類似物が含まれています。

アトピー肌で悩まされる人は医師の処方でヒルドイドを顔に使うこともありますが、医師の処方なしでも一般の人が気軽に買えるようになってきました。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドを使うなら口コミより医師の助言を

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドを使いたいのなら、口コミを信頼するよりも、あくまでも医師の助言を信頼しましょう。

医師は、ヒルドイドをデリケートゾーンの黒ずみ処方薬として使うことはあまりありません。なぜなら、デリケートゾーンの黒ずみは「保湿」と「美白」の2つの性質を持った薬が必要だからで、ヒルドイドの場合、保湿力は高いものの、美白する力はありません。

デリケートゾーンの黒ずみ治療にヒルドイドではなく医薬部外品としても使われているビタミンC誘導体、トレチノインなどの薬を処方する医師が多いのも、ヒルドイドには美白効果がないためです。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドを使った口コミ!アトピー肌・ニキビ肌の人が使っているが…

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドが効果ある口コミで多いのは、使う商品が限られてしまうアトピー肌やニキビ肌の人です。

アトピー肌やニキビ肌の人は、顔につける化粧水や乳液も使える商品がなく、ヒルドイドは使える人もいます。

ヒルドイドは、うまれたばかりの赤ちゃんの皮膚にも使え、乳児湿疹の治療薬としても使えます。

皮膚科でヒルドイドを処方してもらっているアトピー肌やニキビ肌の人は、ヒルドイドを使うことで皮膚の乾燥を防ぎデリケートゾーンの黒ずみも解消されていると感じます。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドの効果があるのは「副作用が少ない点」

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドの効果があるのは、アトピー肌やニキビ肌のような皮膚トラブルを起こしている人が使う場合です。

医師から処方されるトレチノインは皮脂が少ないアトピー肌やニキビ肌の人が使うことで、ピリピリとした刺激を感じることがあります。

その点、デリケートゾーンにヒルドイドを使うことで副作用はほとんどありません。低刺激だからこそ、皮膚トラブルを感じがちな人にも使ってもらえる薬です。

ただし、ヒルドイドをデリケートゾーンの黒ずみに使うことはあまりありません。使用したい場合も、まずは医師に相談してみてください。

ヒルドイド以外にもビタミンC誘導体やアルブチンなど低刺激の美白成分を使用した塗り薬があります。あえてヒルドイドを使うケースは少数で、医師の処方にまかせた方がいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドでアルコールアレルギーがある?

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドを使うことで、まれにですがアレルギーを発症することもあります。

ヒルドイドに含まれるラノリンアルコールはアルコールアレルギーを持っている人が使うと副作用が起きる場合があります。

アレルギー性はほとんどなしですが、まれに赤みやかゆみが起こる可能性もあります。アルコール入りの化粧品で赤みが出る人は注意が必要です。

パッチテストで陰性が出てアレルギー性がないなら問題ないですが、「ジャパニーズスタンダードアレルゲン」の一種でもあるため、アレルギーを持っている人はデリケートゾーンの粘膜部分には注意して使わなくてはいけません。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドの「効果なし」の結論

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドの効果を期待して使った時に、血行促進作用があるため美白効果があると錯覚しがちですが実はありません。

そればかりか、アルコールアレルギーの人は、まれに赤みやかゆみの原因になることもあります。

Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)で話題になった万能の塗り薬、ヒルドイドですが、美容目的の使用もおすすめされていないばかりか、自己流のデリケートゾーンケアをすることで、副作用もありえることを学んでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です